PGα21Caで生成した沈殿物を浄化槽に投入することで凝集剤の投入量を削減し、コストを下げることができます。( 回数が多くなると、投入する量が徐々に固定されます)

従来の凝集剤の利用方法

従来、繰り返し行われる浄化工程で使用する凝集材の量は、対象となる汚水の水質によって決定され、毎回同じ量が投入されます。
 しかし、PGα21Caにより生成された沈殿物(フロック)を再び凝集層で利用することにより、新たに加える凝集剤の量を減らすことができます。 PGα21Caの使用量を抑えることにより、コストも大幅に削減することができます。

PGα21Caにより生成された沈殿物(フロック)を利用する方法

1回目

2回目

3回目